不感症改善&快感アップ中イキできる催眠療法

よくあるセックスの悩み

上記のような悩みを抱えている方だけ、
この記事を読んでください。

これから信じられないほど感度を高め、
セックスで何度も激しく中イキできるようにする、
性感催眠療法をご紹介いたします。

なぜ性感催眠療法で中イキできるようになるの?

催眠中のイメージには臨場感がともないます。
「手が固まる」と暗示すれば、潜在意識が「手が固まる」と思い込むことによって、手が固まって開かなくなります。
「北極にいる」と暗示すれば、リアリティを伴ったイメージによって、実際に体がブルブル震えるほどの寒さを感じます。

この性感催眠療法は、「催眠中のイメージセックスによって何度も中イキしていただく」ことによって、潜在意識の「中イキに対する苦手意識」をなくしていき、中イキのコツを心と体に学習させることで、実際のセックスでも中イキできるようになります。

今までイった経験がなかったり、まったく感じることがなかったとしても、動画の女性のように感じることができますし、施術の後は中イキできるようになります。

お問い合わせ

中イキとクリイキの違い

クリトリスを刺激すると、中イキより短時間で比較的多くの女性がクリイキすることができます。しかし快感の余韻は長くは続きません。

クリトリスによるオーガズムは、神経伝達物質が脳に刺激を届ける仕組みによるものなので、クリトリスへの刺激が終わった時点で性的な気持ち良さも終わってしまいます。

中イキとは

中イキは膣を刺激することで生じる快感ホルモンによって起こるオーガズムです。

快感によって瞬間的に感情をつかさどる脳の働きが停止した直後、約20秒間とても気持ちのいい快感を伴いながら、膣や子宮など骨盤まわりの筋肉収縮が続きます。 オーガズムの瞬間は快感によって感情が停止しているので記憶に残りずらいですが、気持ちのいい余韻を強く感じることができます。

恐怖や不安と結び付いている脳の領域が停止していることが中イキの必須条件で、ムードが高まっているときや、パートナーに安心して心も体も委ねられる時に起こりやすいです。

しかし良いムードでパートナーに身を委ねられたとしても、オーガズムが未経験の場合は、オーガズムという未知の体験に対する不安が生まれたり、イキたいという強い気持ちが不安に結びついてしまい、イキたくてもイケない状態になります。

いつも中イキできる女性にとって、中イキすることは難しくありません。中イキすることが気持ちいいことだと潜在意識が経験済みで、全く不安を感じていないからです。

中イキできない原因

「私は中イキすることができない」と思い込んでしまうと、中イキすることが難しくなります。

日頃から「中イキできない」と思い込むと、潜在意識が中イキできない自分のままでいようとします。

すると、いくら丁寧に愛撫しても物理的な刺激が脳に快感として伝わらず、イケなかった経験が上積みされ
「中イキできない」という思い込みが強化される負のループになってしまいます。

性感催眠療法は、この思い込みの負のループから脱出するために、
催眠中のセックスのイメージによって中イキを経験していただきます。

催眠状態での臨場感の伴ったイメージセックスをすると、いつの間にか濡れてきますし、挿入された感覚や、ピストン運動する感覚もあります。

ふだんのセックスとは比べ物にならない気持ち良さを体感しながら、中イキする感覚やコツを学習させ、実際のセックスでも中イキできるようにしていきます。

お問い合わせ

催眠療法の流れ

まず部屋に着いたら椅子に案内いたしますので、椅子に座って一息つきましょう。いくつか質問しながらお悩みの内容についてお聞きしつつ、催眠の説明をしていきます。気になることがあればなんでも聞いてください。

アクセサリーや腕時計など、施術の妨げになりそうな場合は外していただくこともあります。そして催眠誘導を行いますが、誘導中は私の話をぼーっと聞いていただければ大丈夫です。ある程度、催眠状態が安定してきたら療法に入ります。何度もオーガズムを体験していただき中イキする感覚やコツを学習し、実際のセックスでも中イキできるようにしていきます。最後にリラックスできる催眠をして終了です。

お客様の声

30代女性

以前は、感じられないのがプレッシャーとなり、頑張ってくれている彼に申し訳ないな…と思うと力が入ってしまって、よけいに感じられなくてっていう悪循環で、レスになっていた時期もありました。

施術によって感じられるようになり、イケるようになることで、彼にも喜んでもらえて関係も良くなりました。

20代女性

私みたいに、感じられないし痛いしセックス好きじゃないとか楽しめないって人にはとにかく受けてほしい。

施術のあと、彼とセックスしたら自分も彼も驚くぐらい感じるようになってました。

もっと早く受けにいけばよかったなって今となっては思います。

20代女性

とりあえず、とにかく気持ちよかったです。腰の辺りから全身が気持ちいい感覚が広がって、それがずーっと続いていてしんどいくらい。

快感を溜めて溜めて解放する、という時にだいきさんが「頑張って!」って仰っていたのがちょっと癒しポイントでした。

催眠の誘導も命令口調でなく、終始寄り添って応援されている感じでよかったです。

脳を感じさせることが大切

潜在意識が性的な物理刺激に対して体を守っている状態では、いくら丁寧に愛撫しても刺激が脳に快感として伝わりません。 性的な刺激に対して心がブレーキをかけているからです。ですから、体を触らずに脳を感じさせること、いわゆる脳イキが大事になります。

催眠療法で行う脳イキはネットで話題の脳イキとは全く違い、本当のオーガズムを伴った強い快感です。

良いムードでセックスすると中イキしやすくなりますが、それは良いムードの時ほど刺激を快感として受け取りやすくなるためです。 中イキするほど気持ちいい催眠中のイメージセックスを体験することで、実際のセックスでも強い快感を得ることができるようになります。

好きな人と気持ちよくなれるのは幸せなことです。 催眠療法でそのお手伝いをさせてください。

お問い合わせ