もっと早くに来ればよかった

会うまでは「何やってんの自分?」とか思ったり怖さももちろんありました。

でも実際会ってみると見た目もすごく優しそうなお兄さんで、物腰もすんごく柔らかくて、私が色々わがままを言ってしまったのですが嫌な顔ひとつせずに対応してくださって、申し訳なくなるぐらいいい方でした。

アイコンから勝手に想像していた人よりも柔らかい感じの見た目だったので、それでかなり安心できたかもしれません。
部屋に着くと、まずホワイトボードでの説明から始まりました。

普段の生活では知れないことなので、興味深く聞かせていただきました。

催眠の内容は記憶が曖昧なのですが、覚えている範囲で書かせていただきますね。

とりあえずずっと、だいきさんの声が本当に心地よくて、聞いているだけで眠りに入る時みたいに体がフワフワ~ってしてきて、「あ、この人は全部任せても大丈夫な人だ」って思いました。

付かず離れずでちゃんと側に居てくれたのも安心できましたし、催眠のかけ方も強引ではないけど、ここ!ってとこではちゃんと強く誘導してくださって、優しく力強い誘導に安心して全てを委ねることができました。

もちろん、安全・健全で嫌なことをされたりさせられたり等一切ありません。

●北極と砂漠に行ってみる
 北極は「あ、なんかヒンヤリする!涼しい!たまに塊飛んでくる!」
 砂漠は「なんか暑い..!火照ってる!」って感じ。
 砂漠は私の中で「日焼けしちゃう!」って防御反応が先行してしまったかもです。

●飛行機に乗って旅行
 重力に耐えたり、笑いをこらえたり。
 普段なら絶対、笑ったら怒られるシチュエーションだから一旦堪えるも、込み上げてきて笑ってしまった。
 普段なら笑えない場面でも笑えてしまうのが催眠の特権ですね。

●体が動かなくなる、ペットボトルがダンベルになる
 よくテレビで見て「本当にあんななるん?」って疑ってたやつです(笑)結論、本当になりました!
 腕とか足が思い通りに動かせなくなって、普通のペットボトルがだいきさんの合図と同時に重くなってきて、持てなくなって落としてしまった。
 それまでの「これは催眠にかかってるのかな?」が、「かかってる!」確信に変わって安心できました。

●ペットボトルが乳首
 だんだんペットボトルがリアル乳&乳首に見えてきてしまって、「めっちゃ乳首大っきい!そんな風に触るのん」と、冷静に驚いている自分がいながらも自分の乳首もなんかくすぐったくて、とにかく変な感じでした。

●大人の催眠
 序盤で元彼のことを思い出して泣いてしまって、だいきさんが元彼だと思ってしまって。すみませんでした。
 人に感情を出すのが苦手すぎるから人前で泣くなんてこと普段ではありえなくて、なのにあまりにもあっさり泣いていたので自分でびっくりでした。
その後がほぼほぼ覚えてないんだけども、ここまできたらもうだいきさんのことを信頼しきっているので、安心して集中することができました。
今まで痛いとか異物感ばかりで気持ちいいなんて無縁だったから、どうかなーって不安だったんですがだんだんジワジワしてきて、声まで出てきて、終わった後だいきさんに「何回かイッてましたよ」と教えてもらえたのでよかったです。

他にもいろいろしてもらった気がするのですが、催眠中の記憶が飛び飛びで、覚えているのはこれだけです、すみません。
思い出せそうなのに思い出せないところがモヤモヤする。

きっと、催眠に興味はあるけどあと一歩が出ない、悩んでるという方も多いと思います。
こんな催眠かけてって言うの恥ずかしいなあって私も思ってましたが、「大丈夫ですよ」と言ってくださり、さすがプロだな~と感心しました。

非日常の空間でリフレッシュしたい方はもちろん、セックスが原因でパートナーとギクシャクしてしまって悩んでいる方にも体験してもらいたいです。
私はもっと早くに受けたかったと思いました(笑)おすすめです(^u^)
だいきさんありがとうございました!!

前のページ
体験談の一覧
次のページ