絶世の美女・好きなキャラクターに対面20代後半の男性

足裏が敏感になり、歩くと感じてしまう
40代の男性療法士が絶世の美女にみえる
わたしが涼宮ハルヒに見える、でも声は好きな声優さんになる
左右上下の感覚を逆転する
腕を引っ張ったり、肩(鎖骨?)をさわるだけで落とす非言語のトランス誘導とか、いろいろ盛りだくさんな内容でした

「思いっきり声だして逝ってしまいました(20代前半の女性)」

「汗すごいかきました。とにかく気持ちよかったです(30代の女性)」

「 自分の殻を破って本来の自分が出せ、驚かれるくらい大胆になれました(20代半ばの女性)」